αFinder

ようこそ「αFinder」へ。 撮影した写真を掲載しています。ゆっくり見ていってくださいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

July.28.16 KCS4793 & LORAM : Irondale AL

July2816 KCS4793 Deperture1
SLのネタからちょっと離れて、今日の朝練です。
けさはKansas City Southern Railwayの重層コンテナ貨物がCrew交代のため停車していました。
前数両はピギーパック輸送でその他はすべて重層コンテナ。
きれいに全部2段ずつ積まれ、日本で言う満コキ状態でした。
こうなると、とっても迫力があります。
まずは停車中の姿を、少し望遠気味で。。。
July2816 KCS4793 1
そして、Crewが来て出発です。ちょうど転線もしてくれて、編成の長さを強調出来ました。>1枚目
少し引きつけて。。
July2816 KCS4793 Deperture 2
2両目は旧塗装の灰色です。ちょっとレアかな?
そして、今日は保線系ですが珍客がきていました。
いわゆる線路のメインテナンスの会社(LORAM)が保有しているレール研磨車両です。
自走式で10両編成。迫力有ります。
July2816 LORAM Irondale 1
線路のマークのロゴがあります。
July2816 LORAM Logo1
そして、最後に対側からNorfolkSouthernが来ました。
こっちは後ろが重層ですが機関車直後はピギーパックと単層、、ちょっと迫力が欠けちゃいます。
July2816 NS8895 1
朝からたくさん来ました。さ、仕事頑張ろ。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/29(金) 02:03:55|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.24.16 UnionPacific/ BNSF /CanadianPacific

Cheyneenはニューヨーク、サンフランシスコ、デンバーと大都市につながる路線の結節点に位置するので、貨物列車はかなり頻繁に走ってきます。そんな様子をちょっと見てみました。HeritageColorも2種類確保!
★重層コンテナを従えて重連 UP5820 
July2416 UP5820
★Cheyneenを通過する、UP8770 
July2416 UP8770 Cheyneen
★石炭車80両を連ねて最後尾に後補機としてつくUP6280 Southern Pacific Color
July2416 UP6280 SP Patch2 chayneen
★今回のUP822を補助していたUP1989 Rio Grande Color
July2416 UP1989 RioGrande1

★UP Heritage Unit 2002 Salt Lake city
July2416 UP2002 Salt lake Olympic Che
車番が2002だからアメリカで行われたソルトレーク五輪になぞらえてます。

★BNSF−CanadianPacific 重連列車がヤード上の鉄橋を渡っていきます。
July2416 BNSF CP2629 Heritage
ちなみに赤いCanadianPacificの機関車は特殊塗装。

★BNSF重連 デンバー市内中心部でもこんな石炭列車が縫うように走っていきます。
July2416 BNSF9279 WBNSF Denver
  1. 2016/07/28(木) 13:49:25|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.24.16 UP844 NO.6  Cheyneen

★現在給水中。人と比較するとやはり大きい!Colorado州旗と星条旗を掲げながら。。。
July2416 UP844 Cheyenne p 1
今度は、Cheyenneで展示されたときのカットをupします。
まずは1枚目は、編成全体像、UPの職員がちょうど横に立ってくれたので大きさがわかるとおもいます。
その大きさを日本の動輪最大のC62と比較してみます。
C62>UP844の順です。参考資料はWikipediaです。。
軸配置(ホワイト式) 4−6−4>4−8−4
機関車全長は、炭水車を含めて21.48m>30.00 m。
重量は145.2t>221 t。
動輪直径は1,750mm>2,032 mm。
全体に一回り大きいのがわかります。
★UP844だけ形式写真。。
July2416 UP844 Cheyenne 
★正面から。
July2416 UP844 Cheyenne T1
地元の鉄道ファンに言わせると、この顔はまだ完璧の形ではないそうです。
「ヘッドライトの上にちゃんと尾灯(赤いライト)がついていないんだよ」
本来ならヘッドライトと同じくらいの大きさの赤いライトがあるんだそうです。
言われてみれば、ちょっと間が開いている?
でも、十分凜々しいお顔です。
July2416 UP844 Emblem2
アメリカの警笛とセットなのがこの鐘です。
SLでなくても、DL・ECでも踏切を横切る時や機関車や列車が動きだすときは警笛>カンカンカンカンという鐘の音の順で聞こえてくるのが鉄板です。
UP844のエンブレムです。日本のナンバープレートです。「844」の字体は特徴的ですね。
July2416 UP844 Emblem1
★そして側面、この子も大きさに圧倒されてかしばらく動きませんでした。
July2416 UP844 Cheyenne Side people
そして大きな動輪。2つ作業用の白熱灯が付いていて雰囲気があります。
July2416 UP844 wheel2
主連棒と動輪を固定するボルトには星の装飾、そうアメリカの星条旗の星になぞらえています。
July2416 UP844 Wheel star
そして大きな炭水車 車輪7個付いています。
July2416 UP844 Coal car
さらに給水車 Heritage Water Car UPP809 Jim Adamsと命名されてます。
大きな立体な星条旗がデザインされています。
July2416 UPP809 JimAdams Cheyenne
いやいやほんとに大迫力でした。。。
今回は以上です。次は、一緒に撮れた貨物列車かな。
  1. 2016/07/27(水) 22:51:20|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

July.24.16 UP844 No.5 ; Denver CO.

★すばらしい1日の最後。夕焼けに浮かぶX-844の文字、HeadLightも趣があります。。
July2416 UP844 Denver Sunset
DenverにはPM8時頃に到着。市内はやはり若干渋滞、何とか入線には間に合いましたが、人が入りボツ。
乗客が思い思いに撮影していき、少し人数が減ったところで、活動開始。
まずは編成写真、列車の番号とヘッドライトが白熱灯なのか暖かみがあって良い感じです。
★往復360km走りきり、明日Cheyenneへ戻るまでこのヤードで休みます。
July2516 UP844 Denver Co 1
そして、日が落ちたあと、きれいな夕焼けになり、パチリ>1枚目
誇らしげなUnionPacific844のエンブレムは一際かがやいていました
July2416 UP844 Denver Number Plate1
そして、飛行機の時間も有り、撤収です。
最後に長めの汽笛をならしてくれて「Good Bye!」と言ってくれている気がしました。

さて、SL撮影編は終わりますがこのあとは車両のディテールとSL以外の写真をupしていきます。
  1. 2016/07/27(水) 10:51:22|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.24.16 UP844 No.4 : La Salle CO

★ドームカーと展望車を連ねたUnion PacificのSpecial Car
July2516 UP844 LaSalle Co PC
シェイヤン市内を抜けるのに時間がかかってしまい、一気に最後の走行写真の撮影地へ。
夕方唯一の順光スポットへ向かったのですが、この時期特有のThander Storm の雲に遮られ、残念ながら曇りカットに。
★直線を爆走!70マイル/hrでデンバーまで一直線!
July2516 UP844 La Salle Co 1
そして、デンバー市内の貨物ヤードが出発地点なので、出発地点へ急ぎました。
  1. 2016/07/27(水) 04:26:06|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.24.16 UP844 No.3 : Cheyenne Wyoming.

★転線中のUP844
July2516 UP844 Cheyeen 1
俯瞰もまずまずの結果を得て、到着地Cheyenneに移動。もう一箇所到着地周辺で。。と企みましたが、ほんの2分程で通過されてしまいました。Cheyenneはワイオミング州の観光都市で、日本では「シャイアン」と言った方がぴんとくると思います。インディアンのシャイアン酋長がもともと統括していたところであったので、敬意を表して都市名にしたようです。
ここはUnionPacificの工場が有り、SL、旧式DLの復元事業はすべてここでされています。UP844もここで修理復元を行いました。
市内は、Frontir Dayのお祭り真っ最中で、通行止め続出。。車で市内に入ったときにはすでに到着していました。
ここで、夕方の復路の準備となるのですが、機関車の方向転換が必要となります。ところが客車は展望車があるので、編成全体の方向転換が必要になります。そこで、三角線を使って、まとめて編成ごと方向転換します。
展望車側にDL2両付け、いったん乗降場所から待避線>三角線まで引っ張ってかれて、方向転換して帰ってきました。。
July2316 UP7134UP844
そして、上の写真が乗降場所の1番線に入る様子です。
入線後は出発時刻の1時間前まで、一般公開です。早速参戦しましたが案の定人だかりで、ちょっと編成写真はきびしいなー
とあきらめかけていると、2回サンダーストーム:雷雨が。。。
すると、さーっとみんな人がいなくなり、絶好の撮影チャンス!
★奇跡の無人状態で撮影完了!
July2516 UP844 Cheyeen 5
これがとれて、満足して、帰り便の撮影地確保へ。
ここで、まさかの日本人の鉄ちゃんに遭遇!神奈川県から来られて軽くお話しさせてもらいました。
出発直後だから、爆煙を期待しましたが気温は36度。。
July2516 UP844 Cheyeen 4
ところが、滅多に来ない渡り線の上の貨物線の橋に石炭列車が登場し、奇跡の組み合わせに。。。
そして復路の追っかけ開始です。







  1. 2016/07/26(火) 14:26:26|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.23.16 UnionPacific 844 No.2 : Nunn Co.

★金色のカーペットのような平原を一直線に疾走! Nunn. Coにて
July2516 UP844 Nunn 1
さて、朝の順光カットが撮れて一安心ですが、せっかくなので追いかけます。
出発駅のDenverから目的地Cheyenneは180kmあり、今回の運転は途中停車15分の1箇所のみ。
そして、交換なしで平均65マイル/hrで3時間で走破予定なので結構足が速い。。。
そして、平行する道路もいわゆる高速道路(Inter City)ではなく国道(High way)です。
信号も有り、あまりスピードが出ない(といっても60マイル=100km/hrぐらい)ので、停車を捨てて、
次の撮影地へ。順光ポイントはなく側面光なので、俯瞰も良いかな-と言う事で、唯一国道がOverPassするNunnへ。
ついてみると、きれいな麦?もしくは干し草でしょうか?
金色のカーペットを敷いたような中を線路が一直線に抜けていました。
そしてしばらくすると、遠くから黒い車体が近づいてきます。
トップスピードのまま、金色のカーペットを駆け抜けていきました〜!!
Buow〜というような野太い汽笛もかっこよかった。。。。
ここではファン20名。。。
  1. 2016/07/26(火) 07:05:18|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.23.16 UnionPacific 844 No.1 : Henderson.CO

★朝日を気持ち良さそうにあびてCheyeenへ向かうUP844
July2516 UP844 Henderson Co 1
今週はWyoming州Cheyeen〜Colorad州DenverにてUP844の復活運転がありました。
これは、Cheyeenにて毎年行われているFrontireDayにあわせて企画運転されたものです。
2013年UP4014:Bigboyとの重連最終運行から3年かけてボイラーの徹底修理を行い、
昨日ついに運転にこぎ着けました。
前日からDenverに入り、朝北行する撮影地を入念に確認し、その日はDenverで撮影(これは後日)。
そして、Denver出発の1時間前から撮影地に入り、場所取りを行いました。
AM7:30 遠くの方から野太い汽笛と黒い煙が近づいてきて、地元の見物人を含め20名ほどの見物客が見守る中、
朝日に照らされながら、UP844は軽快に駆け抜けていきました。
★望遠でぶち抜くと迫力満点です。。が標識には消えていただきました。
July2316 UP844-1
その後、車で追っかけを開始しました。
  1. 2016/07/25(月) 16:05:16|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July19-21 Norfolk Southern,BNSF at Irondale,BHM.

★NS9831重連穀物列車がBirminghamを駆け抜ける。
July1916 NoforlkSouthern Bridge
排気による陽炎が良い感じです。
先週あまりに特殊塗装が当たりまくってたので、今週に入ってぱったり途絶えてしまいました。
でも、いろんな種類の貨物が来ます。今週はNorfolkSouthernの穀物列車とBNSFの石炭返空に当たりました。
★NS牽引の混在貨物列車
July2016 NorfolkSouthern Irondale1
July2016 NorfolkSouthern Irondale2
★BNSF 重連 石炭返空列車。
July2116 BNSF 6125 Irondale1
★少し引きつけて。。。
July2116 BNSF6125 Irondale2

今日は以上です。




  1. 2016/07/21(木) 16:36:03|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.16.16 NS1065 Sabanna & Atlanta

★BirminghamからMobileへの支線をゆっくりと走るNS1065 S&A
July1616 NS1065 SabannnaAtlanta2
先週末はチャタヌーガ方面からバーミングハムにぬける本線でトレーラーと衝突し、機関車3台と後続5両が脱線転覆する事故が
おきてしまいました。
幸い、機関士4人、トレーラー運転手も命には別状なしでした。
北行南行の両方とも線路もはがれてしまうくらいの事故なので日本だったら撤去に3日、最低5日間は運行停止とがっかりしていたのですが、
なんと翌日の昼には再開!!!どうやったらそんなに早く復旧出来るのか不思議でなりませんでした。
線路復帰後まもなく、Sabanna&Atlanta塗装がおりてきているとの情報。
しかし、脱線区間徐行があるのか到着は翌日の朝5時!今回は縁がないかとあきらめていると、
一旦、車庫に引き上げ後、南行の貨物に充当されたとの報告が有り、早速追いかけました。
Mobilというガルフ湾側の都市に向かっている様子で、枝線で有り、まあまあゆっくり動きかつ、路線はカーブが多いので、うまくとらえることが出来ました。
まずは、高速で20Kmほどでおりて、Helenaと言う都市周辺で撮影を試みました。
しかし、以外と、踏切が少なく、見つけたときにはヘッドライト見えだしていました。
ひとまず記録記録と準備。
★直線が短いので機関車を中心に。。。
July1616 NS1065 SavannaAtlanta1
しかしながら、これではちょっと不満だったので、急いでナビで地形を検索し、20km先数少ない直線のある踏切へ。
一般道もだいたい50マイル=約80km/hrは出せるので、余裕で先回り。。
そして、踏切が鳴り出し、編成全体は入りませんが、なんとか順光線でGet!
★まずは望遠気味で
July1616 NS1065 SabannnaAtlanta3
そして、ちょっと中望遠で(1枚目)。
おおきなホーンを鳴らしながら通過していきました。
このあとは、道がないので、このまま今日は終了!
帰り便は撮れるかな?

  1. 2016/07/17(日) 12:00:28|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

July.12.16 NS1067 Reading Lines : Trussville

★後補機で最後尾を守るNS1067
July1117 NS1067Trussville1
ここしばらく、Willsonvilleにある火力発電所へ石炭を運ぶ列車に続けてNS1067:ReadingLinesが入って早いもんでおそらく4往復目。
昨日も雨の中、オハイオの石炭抗からもどってきたとの情報が入り、最後尾にぶら下がっているので、後追い撮影を画策。
しかし、仕事で少し出遅れ、irondaleに行ったが、来た様子無し。
それなら、だめ元で、Trussvilleへ行ってみた。すると、案の定、ヤード入線待ちで、石炭列車発見!
最後尾なので、出発を待った。
昨日、NS911撮影であったレールファン家族も登場し、わいわいしながら15分程待ち、対向列車を待って、発車。
もくろみどうり、バックショットで3回目ゲット!
July1117 NS1067Trussville2
雨も強くなり、そのまま撤収。。。
  1. 2016/07/14(木) 06:54:33|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.11.16 NS911 Honoring Firstresponder : Springville/Trusville

★NS特殊塗装の中ではおそらく人気No.1! NS911 Honoring Firstresponder
July1116 NS911 Springville1
今週は暇かな。。。と思っていると、NS911がチャタヌーガから入って来るとの情報があり、仕事後、沿線で待機。
待機する事1時間後、赤い機関車が現れました。
その後、追っかけ開始して、やはり、Trusvilleで追いつきました。
しばらくヤードに入るまで、停車するとの事で、見学しにきていた3家族は機関車の中に招き入れられ、警笛を鳴らしたり、車内を見学させてもらいました。
とっぷり日も暮れてしまい、バルブも考えましたが用があり、泣く泣く撤収。。。
★NS911 機関車。 911はアメリカでは警察もしくは救急車以来の番号。。
July1116 NS911 Trussville1
July1116 NS911 Trussville2
  1. 2016/07/14(木) 06:44:45|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.9.16 NS1069 VIRGINIAN

★強い雨の中、力強くIrondaleの坂道をすすむNS1069 Virginianほか3重連
July0916 NS1069 Virginian Irondale-3
今週はゆっくりマッタリな週末を予定し、午前中と3時くらいまでは家族運用。
その後、時間をもらい、自分の時間に。
AM9:00ごろにHeritage Unitが地元に向かう予定と、掲示板にアップされた。
時刻表なぞ皆無だけれど、以前走った運用(アラバマ、シェフィールドからバーミングハム行き)と同じ運番であり、なんとなく到着をPM6時半かなーと予想して、いつもの場所へ。
晴れてれば半逆光だけど、今日は夕方からサンダーストームで厚い雲が太陽を遮ってくれています。
そして、PM6:30 1列車も到着せず、一旦操車場を見渡せる丘へ。
しかし、Virginianらしき黄色機関車はまだ到着していないので、もう30分待ってみることに。
そして、15分後、いつもの重厚なエンジン音が、響きだしました。
坂を上がりだしてカーブから顔を出したのは、黄色い顔!
よっしゃ〜来たー!!だいぶ露出は暗いですが、かなりゆっくり進んでくるので1/500で十分。
まず、望遠で機関車だけが曲がりきったところで連射。。。!
★200mm 1/500sec f3.5 ISO1250 α7Ⅱ 
July0916 NS1069 Virginian Irondale-1
そして、後ろのにも少し入れて。。
★135mm 1/500sec f3.5 ISO1250 α7Ⅱ
July0916 NS1069 Virginian Irondale-2
そして、側面の”VIRGINIAN”の文字が入るように、80mmで。。。(1枚目)
最後に、機関車だけの記録も!
★85mm 1/500sec f3.5 ISO1250 α7Ⅱ
July0916 NS1069 Virginian Unit Irondale-1
警笛も高らかに、Norris Yardに吸い込まれて行きました。
つぎは、何がくるかなー。。。。
  1. 2016/07/10(日) 11:22:09|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

July.7.16 NS1070 WABASH

★今週はNS1070 WABASHを捕獲!
Jul0716 NS1070 Wabash Argo1
ここのところ、ありがたい事に特別塗装が週1程度で先頭についてくれて、一歩一歩記録が進んできました。
今週は、赤いFlagがアクセントのNS1070:WABASH Colorが来てくれました。
前日Ohio州で目撃情報があがり、早朝テネーシー州からアラバマ州に入った情報があったので、朝からチャタヌーガからの
線で昼ぐらいまで張る事にしました。予想は1130ぐらいとしました。
まだ少し時間があり、撮影地も探検。北行と南行の交換ができる場所での撮影地を見つけ、ここから待ち伏せすることに。
そして、いよいよ11時、まだ姿は現れません。ちょっと悩みましたが、11:30まで待ってみることに。
すると、、、ぴったり11:30!ヘッドライトが現れ、いつものNorfolkの黒馬とはちがう赤いマークが現れました!
★まだ全面潰れ気味ですが、坂をかけ下るWABASH
Jul0716 NS1070 Wabash Ashville-1
通過を見送り、すぐ近くの高速に乗り、次の目的地 Argoへ。
20分くらい走って到着。まだWABASHはきていない様子。。
10分くらいまつと踏切がなりだし、WABASH登場!(1枚目です。)
通過を見送り、再度追っかけ。
一旦Irondaleまでいったものの信号が赤のまま?北行が黄色信号、、、どっかで列車交換するようです。
来た道をした道で少しもどってTrassvilleまで。
すると、いました。。。。交換待ちで停車してます。
ほぼ順光で申し分なし!
★交換を終えて、4灯ライトを付け、いざ出発!
Jul0716 NS1070 Wabash Trussville-1
Jul0716 NS1070 Wabash unit Ashville
十分記録ができました。
  1. 2016/07/09(土) 15:48:56|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jun.27>July.1.16 ReadingLines & Norfolk Southern

★NorofolkSouthern 8114
July0116 NS8117 NorfolkSouthern 5
先週は、2種のHeritage Unitsを記録出来ました。
1つ目は、Norfolk Southern Color NS8114,もう一つは先々週も現れたReading Lines NS1067でした。
Norfolk Southernは初めて見るいろであり、絶対逃さない気合いで撮影に。
Atlanta側から入ってきて直前の目撃情報から250Kmを約5時間半かけて、irondaleへ到着しました。
ゆっくり、Crew交代の信号まで入ってきます。ひとまず記録で編成一部で記録。。。
★アラバマにあるメルセデスベンツ工場まで自動車輸送用コンテナ車を連ねています。
July0116 NS8117 NorfolkSouthern 3
ここまではわーい〜〜と言う感じでしたが、、Crow交代後、発車を取るつもりで踏切で待っていると、、
右の側線にUnionPacificを入れられてしまい、、、スマシオでよく起きる被せ技を披露される始末。。。
UP先発で編成を隠されながら出発と言う最悪の展開。停車中遠慮なく撮っておけばよかった、、、、
あきらめきれず、ひとまず、市内のBridgePointへ移動し、UPだけが通過。。。
どっかで停車している事が予想され、一か八かで、踏切ポイントへ。。。すると。。止まってました。。
★300mm×1.3Extender+トリミングでなんとかかろうじて捕獲。。。。
July0116 NS8117 NorfolkSouthern 2
July0116 NS8117 NorfolkSouthern 1
もうひと記録をもくろみましたが、逃げ足が早く、The End....

もう一方のReadingLinesはいつもの朝練で偶然発見。。。
★Willsonvilleに向けて、方向転換のため転線中。。。ラッキーでした。
Jan2816 NS1067 Readinglines Irondale 2
★一旦停車して、ポイント切り替え待ち。今度はNS1067が最後尾になります。プッシュプルです。
Jan2816 NS1067 Readinglines Irondale 1
機関車のみを大きめに。。。。
Jan2816 NS1067 Readinglines Irondale4
2度記録出来て大満足出来ました。。。
次は何が来るかな。。。。
  1. 2016/07/02(土) 15:23:51|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

αFinder

Author:αFinder
α700をこよなく愛する作者です。
写真の対象:鉄道>風景
使用レンズ:MINOLTA 80~200mm f2.8
KONICA MINOLTA 28~75mmf2.8
TAMRON 17~50mm f2.8

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

3.1更新しました。 京成千葉線の撮影です。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。