αFinder

ようこそ「αFinder」へ。 撮影した写真を掲載しています。ゆっくり見ていってくださいね!

Nov.13.16 Amtrak Crescent 19 Lake Pontcharntrain : Mississippi

★朝日を浴びながら、Amtrakがポンチャーントレイン湖を舟と併走。。
Nov1316 AMTK Cresscent 19 Lake Poncharn 2
アメリカ滞在の最後の旅行地として家族からの希望でNew Orleansへ。
Birminghamaからは車で5時間半程度の場所。
せっかく行くのだから何か撮影はできないか検索していると、Amtrakが海の上を可動橋をバックに渡る写真をみつけた。
日本でも参宮線が海中堤防を走る場所があるが、可動橋まではないので、これは是非と思い2日目の朝、出動。
AmtrakはNew Orleans始発なので遅延してもそんなに待ちぼうけする事もないので、少し安心。
市内から車で20分くらいで到着するも、その可動橋のスケールのでかさに驚いた。
ちょうど大きめの船が通る事があり、可動橋が道路のUS11の方も上がった瞬間。
Nov1316 Poncharntrain lake bridge
一方鉄道橋はいつもは跳ね上がっている状態で固定され、Amtrakの来る朝と10:30 夕方、夜に列車の来る15分前に下ろされる。
Nov1316 trainbiridge
さて、そろそろ7:30と思っているとゆっくりと可動橋が動き出し、恐竜が頸を下ろすように橋がおりた。
しばらくすると、湖の果てにライトがみえて、見慣れた青い機関車が顔を出した。
Nov1316 AMTK Crescent19 Lake Pontchartrain 1
水の上を滑るようにAmtrakは駆け抜けていった。
Nov1316 AMTK Crescent 19 Lake Poncharn1
ちょうど、朝の漁をする舟も入って、良い雰囲気で撮ることが出来た。
さて、列車が過ぎると橋は1分くらいで跳ね上がり、元通りに。
まだ朝早いしとおもって30分くらい風景写真を撮っていると、また橋が下がり始めた!
しばらくすると遠くにヘッドライトが光った。
★今度はNSのIntermordalが登場。
Nov1316 NS intermordal 1
次に引きつけて。。
Nov1316 NS intermordal 2
40両の列車も見ることも出来ました。
そして。9:30頃にホテルに戻り、家族運用へ。。。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/14(月) 01:33:59|
  2. USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Nov.18.16 Heritage Units: AMTK822 PhaseⅢ+AMTK42 Veteran's Crescent19. | ホーム | Nov.09.16 NorfolkSouthern and UnionPacific Intermordal Train. Irondale AL>>

コメント

こんばんは(*´ω`*)
ビックリするくらいカッチョイイお写真
ありがとうございます((o(^∇^)o))

可動橋がとっても大きいですね!!
迫力ありすぎますO(≧∇≦)O

煙を吹き出しやってくる機関車も
力強くて素敵です♪ヽ(´▽`)/
そして40両の列車長いですね!!
日本だと見る事が出来ない長さでビックリです

可動橋自体が日本だと珍しくてなかなか無くて
この夏に四日市貨物で可動橋を通るDDを撮ってから
可動橋カッチョイイとずっと思っていました

またカッコイイお写真待ってます(*≧∀≦*)
わくわく!!
  1. 2016/11/18(金) 22:02:42 |
  2. URL |
  3. 雨宮 奈津美 #-
  4. [ 編集]

いつもコメントありがとうございます。

雨宮さん 
いつもご訪問ありがとうございます。
猫写真展覧会も無事終えられたようですね、お疲れさまでした。
帰国がもう1ヶ月早かったら見に行けたのですが、ちょっと残念です。
また機会があれば是非!
さて、可動橋ですが、日本ではほとんど見なくなってしまいました。
昔は大規模な物だと、佐賀線筑後川昇開橋がありましたね。
現在は鉄道可動橋自体、雨宮さんが訪問した四日市の末広橋梁だけになっています。
可動橋:movable bridgeは世界的にはオランダに比較的たくさんありますが小規模です。
今回訪問したNew Orlinsは大規模な可動橋が多い町です。世界的にも有名な大きな町でクルーズ船もたくさん来ます。
なので、市内まで舟を入れる橋はとんでもなく高い橋にするか可動橋が必要になります。
ポンチャーントレイン湖の可動橋は世界的にも大規模な物になりそうです。
動く瞬間は駐車するスペースがなく間近ではなかなかみれないのですが、遠くからでも十分迫力があります。
もし、アメリカNew orlinsに行くチャンスがあったら、狙ってみてください。
そして、こちらの貨物ですが40両は短い方ですよ。
100両前後が当たり前、こちらの友人の話では中間に機関車を挟み込み、最長は255両があったと言ってます。
なので、踏切も20分くらいしまりっぱなしだし、都心部で徐行するので、踏切は閉鎖されてしまいます。
そんな、スケールの大きいアメリカもあと10日。
悔いの無いように撮影していきます。
αFinder 拝
  1. 2016/11/19(土) 20:19:36 |
  2. URL |
  3. αFinder #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mimigen.blog114.fc2.com/tb.php/831-3d204971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

αFinder

Author:αFinder
α700をこよなく愛する作者です。
写真の対象:鉄道>風景
使用レンズ:MINOLTA 80~200mm f2.8
KONICA MINOLTA 28~75mmf2.8
TAMRON 17~50mm f2.8

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント

3.1更新しました。 京成千葉線の撮影です。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する